家探しの際に交渉する

賃貸の家探しの交渉術

家探しは毎月の支出に影響します

住居費は、毎月継続して支払うだけでなく、金額の大きさでも毎月の支出の中で高い割合を占めています。賃貸の家探しで、初めの条件交渉は将来にわたって家計に大きく影響します。賃貸の家探しの注目ポイントは、経済的な視点では初期費用とランニングコストの二つに分けることができます。初期費用は敷金や礼金、仲介料といった契約時の費用、ランニングコストは毎月の家賃です。家探しの交渉のコツは、こちらの希望を伝えることももちろんですが、交渉相手が承諾しやすい条件を提示することが効果的です。賃貸経営の大家さんにとって、空き家は維持管理費がかかかるばかりで収入を生みません。空き家にしておいて収入はないので、1カ月契約が後になったと思えば、その間のフリーレント(家賃なしで利用すること)は大家さんにとってのマイナスは大きくありません。一方、毎月の家賃を下げるということは、将来にわたって収入が目減りするので、好まれない傾向があります。その結果、家賃をひと月当たり3000円下げることに同意は得られなくても、一か月分のフリーレントなら同意してもらえて、金額的にはそちらの方が有利ということも起こり得ます。同様に、家賃を下げてというよりも、エアコンをオーナー負担でつけてという交渉のほうが、入居者にとって金額的なメリットが大きいこともあります。

↑PAGE TOP