• トップ /
  • 家探しをする場合賃貸はお得か

家探しの注意点とは

家探しをする場合賃貸はお得か

家探しの知識を身に付けよう

初めて家探しを行う時は、住宅毎の特徴や注意点といった知識を身に付けておきたいです。一人暮らしをする際に気軽に住める賃貸形式の住宅があります。賃貸形式の特徴は毎月家賃を支払うことで家を借りられるということです。賃貸形式の住宅はマンションとアパートの2種類があります。マンションの注意点は両隣に部屋があるので音漏れが気になる点と、エレベーターや階段の昇降に手間が掛かるという点です。アパートの注意点は、家賃の安い家だとキッチンや浴槽周りの設備が古く、壁は土壁が使われていることがあります。家探しをする時はどちらを希望するか決めておくと良いです。注意点は入居時に敷金と礼金を払うことがあるという点です。敷金は保険のような物で、家賃を滞納した時や家を修繕する時に敷金から賄われます。退去時に余った敷金は返金されます。礼金は賃貸契約を結ぶ時に払う契約金のような物で、返金などは行われません。不動産会社への仲介料という扱い方をすることもあります。最近では敷金と礼金を支払わずに借りられる家も増えています。しかし、家探しをする時は敷金と礼金の有無だけでなく、家賃や入居期間も込みで家を選びたいです。敷金と礼金が不要でも、家賃が相場よりも高いことがあります。このパターンの家は長期的に見ると損をします。敷金と礼金の初期費用だけでなく、入居期間と家賃も考慮して家探しをしたいです。

↑PAGE TOP