• トップ

家探しのポイントは

見落としがちな家探しのポイント

家探しでは管理体制も重要です

家探しをする際には利便性等も重要ポイントですが、物件をどんな会社が管理しているのかといった点も入居後の住み心地に影響を与えます。物件の管理は賃貸募集をしている会社が行っているケースが大半なので、物件下見の際には管理体制がどうなっているのかも確認するようにしましょう。なぜ管理体制が重要なのか入居者にとって望ましいのは、賃貸管理をオーナー任せにしない会社です。賃貸物件は家主が個人であるケースが多いのですが、不動産関連の法律や修理等の知識が万全でない家主も少なくありません。そうした家主に管理を丸投げしている会社を選んでしまうと、小さな修理にも対応してもらえずに困ってしまう、という事態に繋がりかねません。それでは安心して暮らせませんね。そうした理由から家探しの際には、管理体制がどうなっているのかを確認するのも重要ポイントとなるのです。管理体制をチェックする方法大手から個人店まで不動産会社は様々ですが、管理を家主任せにする会社は多く存在します。会社の規模は関係ない、ということですね。ではその会社の管理体制はどうチェックすればいいのか、以下のポイントを確認するようにしてください。家賃はオーナーに直接払うのか。修理個所を発見したら御社が対応してくれるのか。二点とも家主が行うと返答があった場合は、他の条件が良くてもその物件は辞退した方が賢明です。居住中のトラブルはこの二点によるものが大半です。管理を個人が行うのと資格を持った会社行うのとでは、どちらがより安心なのか、比べるまでもないのではないでしょうか。管理会社は見過ごしがちなポイントです。是非参考にして頂き、有意義な家探しをなさって下さい。

新着情報

↑PAGE TOP